これから結婚、妊娠する方へ ホームへ

風疹HI抗体検査
風疹の免疫が出来ているかどうかと言うことです。
風疹にかかったことがある、又は予防接種がすんでいる人は抗体陽性になります。
ただし、風疹にかかったと言っても、実は風疹でなかったという人はたくさんいます。
そのため、確認のため、検査をしておいた方がいいでしょう。
風疹の抗体が出来ていない人、あるいは風疹の抗体価が低い人は、あらかじめ予防接種をお勧めします。

クラミジア、淋病検査
最近、クラミジアや淋病が増えています。
不妊症の原因になりますし、妊娠中にかかると赤ちゃんも影響を受けることがあります。

葉酸
葉酸は、ビタミンB群の水溶性ビタミンで、細胞の分化に不可欠です。
このため、細胞の分化の盛んな胎児では、特に葉酸が重要です。

受胎前後に十分量の葉酸を摂ることで、、二分脊椎(にぶんせきつい)や無脳症などの神経管閉鎖障害(しんけいかんへいさしょうがい)のリスクが低減できることが、多くの研究から明らかになってきました。

厚生労働省では、妊娠を希望するすべての女性に、1日400μg(マイクログラム)の葉酸を摂ることをおすすめしています。でも、すべての女性が計画的に妊娠するわけではありません。ふだんから葉酸をはじめその他のビタミンを多く含む、栄養のバランスがとれた食事を心がけることを、お勧めします。
薬局で相談してみてください。

葉酸の多い食品
緑黄色野菜、柑橘類、アボガド、レバー、牛乳、胚芽米、卵、ほう れん草、せり、バナナ、杯芽、柿、キウイフルーツ

ホームへ